スクラムはじめました! その4 ~実践編(1)~

本記事は「2014年2月」に投稿したブログ記事を再編集したものです。

いよいよ実践編に入ります。

前回までは、スクラムをどうやって導入していったかを書きました。
ここからは、実際にやってみて感じたことを表現していきます。
※やはり、本やネットに書かれていることを読んだだけでは吸収できないことが多いですね

~ 実践編(1) ~

やってみて

実際にスクラムを実践してみて感じたことは、「スクラム=現場が良くなる」ではないということです。

スクラムは、チームが抱えている問題を明らかにすることが大きな目的であるため、どんなにスクラムを定義通りに実践したとしても、それによりメンバの振る舞いが変わらなければ、いつまでも現場は良くならない。ということを実践して経験として得たことがチームにとっての大きな成果となりました。

「スクラムをきっかけにして、メンバの振る舞いが変わる」

という方が正しいですね。

どんなところが良かったか

スコープの明確化

スプリントというタイムボックスで区切ることで、やるべきことに集中できることが良いです。

これまでは、緊急度や重要度に関わらずたくさんの要件を並行で対応していくことが多く、今やらなくても良いことに時間をとられていたことがわかりました。

メンバ間の対話

スクラムをはじめてから、確実にメンバ間の対話が増えました。

作業に入る前のゴールを共有すること、解決策をメンバ間で相談しあうこと、リリース前のクロスチェックで確認すべき点を知識として伝授することなどが増えています。

一方通行の【 指示 】ではこうはなりませんね。

メンバが考える

問題点&改善点が明らかになることで、メンバそれぞれがどうやって問題を解決したら良いか、どうやって改善できるか、を考えることが増えました。

メンバから出た改善策は次のスプリントからすぐにやってみてさらに改善点を見つけるサイクルが生まれています。
先に進んでいる感がありますね。

 

まだまだ細かな発見もたくさんありましたが、ここでは代表的なものをピックアップして書いてみました。
次回は、まだまだうまくいかないことや改善してきたことを発信します。
お楽しみに。

▼ 続きは以下よりご覧ください。

Follow me!

この記事を書いた人

阿部智紀
阿部智紀
トラスティア株式会社 専務取締役
テクニカルディレクター
長期に渡り、アジャイル開発を推進・実行しています。