IT系イベントの実行委員として運営側で積極的に参加しているエンジニア

こんにちは。企画・Web担当のクマです。

今回は社員紹介として、2017年5月に入社した 瀬戸田 慎一さんにインタビューを行いました。

元コック、元建築のITエンジニア

クマ
お疲れ様です。
トラスティア本社でのインタビューを予定していましたが、天気がいいので、今日はちょっと趣向を変えて、本社からすぐ近くにある大通公園でお話しを聞かせてください。
瀬戸田
お疲れ様です。はい、わかりました。
クマ
まずは簡単に経歴を教えてください。
瀬戸田
元コック、元建築のITエンジニアという感じですね。
建築は8年で、ソフトウェア開発は10年くらいですかね。
クマ
建築からITに転職されたのはどうしてですか?
瀬戸田
建築をやっている時にインターネットに出会って、趣味でプログラムを書き始めたのがきっかけですね。
建築は目に見えるものづくりで、出来上がったものが形になって残りやすいのですが、「見えないものづくり」に興味を持ったというのがあります。
クマ
見えないものづくり?
瀬戸田
はい。
建築は重力の制限、建築基準法や消防法などの様々な法律の制限など、制限が多く、その制限の中で形を作るという面白さもありますが、コンピューターの世界は建築ほどの制限が無いので、何でも作れるという魅力を感じました。
それでプログラミングの勉強を始めて、ITの方に転職しようとして動いたのが20代後半です。
クマ
なるほど。その後、ソフトハウスに入社されたとのことですが、前職では、どのようなことをされていたのですか?
瀬戸田
プログラミングや開発は業務系アプリケーションが中心で、一番経験が長いのはJava、直近はObjective-Cがメインでしたね。
その他、会社の業務の大半に関わっていました。
事業計画や会社の売り上げ管理、営業、契約まわり、顧客折衝、個人情報保護関連、事務所の内装工事があれば、建築の経験を活かして書類申請や知っている大工さんに発注したりと、財務と税務以外はほぼ関わっていました。

IT系イベントの実行委員として幅広く活動

クマ
かなり広範囲で業務をされていたのですね。
また、社内の情報共有で使っているサイボウズでの瀬戸田さんの自己紹介を拝見しましたが、食品化学やビール、心理学、アウトドア、整体から子ども向けトランプ手品教室など、本当に多趣味、多芸なんですね。
瀬戸田
あくまで趣味のお話ですけどね。あとはIT系を中心に各種イベントで実行委員として運営に携わっていることも多いです。
クマ
例えば、どのようなイベントですか?
瀬戸田
様々なイベントに携わらせていただいていますが、IT系のイベントでいくつかご紹介しますと、

として携わっています。

クマ
他にもいくつか伺っていますが、本当に幅広く活動されているのですね。
オープンソースカンファレンス北海道については当社でも協賛させていただきましたし、オープンソースカンファレンス北海道の魅力については別途記事でご紹介させてください。
瀬戸田
わかりました。

まとめ

クマ
このインタビューの後に、引き続きオープンソースカンファレンス北海道の魅力について伺いました。
詳細は別の記事にてお伝えしますので、お楽しみに!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です